塩くまぶろぐ

塩くまぶろぐ

「ゆるく楽しくシンプルに暮らしたい」雑記ブログです。

普段から持ち歩くもの①水分補給関係

こんにちは!塩くま(@vshiokuma)です!

 

防災を意識して普段から持ち歩くことにしたもの、その1です。

今回は【水分補給関係】です。

結論から言うと、外出時には水筒を持ち歩くことにしました。

携帯浄水器は小さくて、災害時には飲み水を確保しやすくなる大きなメリットがありますが、わたしは家庭のリュックに備えることとしました。

ただ、水筒(ペットボトル)などで水分を持ち歩かない方が好きな人は携帯浄水器を鞄に忍ばせておくといいんじゃないかと思います。

 

水筒orペットボトル(水)

○飲み物代の節約にも

飲み物代の節約も兼ねて(むしろそっちがメイン)、普段から夫は500mlの水筒(お茶or水)+500mlのペットボトル(水)を持って行ってくれています。

わたしは会社に行けば無料で使えるウォーターサーバーと無料コーヒーメーカーがあるので、コップだけ持参すれば飲み物代はかからず済んでます。

今までは『通勤時は水分なし、会社では無料ウォーターサーバーの水かコーヒー』という感じで生活していましたが、今後はわたしも水筒を持ち歩くことにしました。

そうすれば、通勤時にも喉が乾いたら水分を取ることができます!(今までは会社か家に着くまでは喉が少し乾いても我慢していた)

 

ちなみに、水筒を持参にすると、

自販機ペットボトル(\150)×平日(20日)=平日一ヶ月で約3000円程節約できます。

水筒を新たに買っても、1カ月使えばもとがとれます!

 

×かさばる

節約のため~喉が渇いた時飲むため~など、防災の備え以外で持つ理由があるならばいいのですが、持つ理由が「災害時に備えて」だけだとちょっとかさばるので持つのが苦痛になりそうです。

大きさもそうだけど、水筒だと重さもありますので。(当たり前ですが…)

 

どんなものを選ぶか

毎日持ち歩くならば、負担が少ない物が一番です。

わたしが思う負担の少ない水筒の要素はこれです。

  • 軽い(ベストはペットボトル)
  • 洗いやすい(洗うのめんどくさいと使うのがおっくうになる)
  • 手軽に飲みやすい(コップが別途付いていたりとかは飲むのに少し手間がかかる)

ついでに、デザインが気に入っている飲み口が優しい(自分にとって飲みやすい)、とかの要素も入ってきますね。

保温力は、最近のはどれもだいたい高性能なので、そこを第一には考えなくても大丈夫と考えています。

 

ペットボトルは使いまわしすると衛生的に△

飲み終わったペットボトルを洗って新しく飲み物を入れて使いまわす…よくやります。

手軽に手に入って手軽に捨てやすいし、ペットボトルは軽いし、良いですよね。

でも、ペットボトルって細かい傷や菌が付きやすいんだそうです。

だからあまり長い期間は使いまわさない方がいいんじゃないかと思います。

(個人の気にするレベルによるかもしれません)

 

わたしが選んだ水筒

サーモス(THERMOS)真空断熱ケータイマグ(JNO-351)

エスプレッソの0.35L(350ml)

夫がこれの500mlを使っているのですが、軽くて保温性が高くて洗いやすくて…と大変気に入っているのでお揃いにしました。(笑)

飲み口もすこし厚みがあってなめらかで優しいです。

保温性が高すぎてヤケドするぜってくらい熱々のままキープしてくれています。

詳しくは過去に書いた記事があるのでよかったら見てみてください。

vkuma.hatenablog.jp

 

本当は防災とか考えると500mlはあったほうがいいのかもしれませんが…コンパクトさ重視で350mlにしました。

使い方としては、

  • 家でお茶or水を入れていく(通勤時に喉が乾いたら飲む)
  • 社内では水用として、コップのように使う(空になったらウォーターサーバーで補充)
  • 帰りに会社のウォーターサーバーで水を補充して帰宅時に喉が乾いたら飲む
    というように平日は使おうと思います。

休日もお出かけの時に使えていいですね。(今は持って行くとしたら夫の500mlを持って行くが、ちょっと大きめなので気軽に持って行きにくかったりする)

ただ、わたしは会社に無料のウォーターサーバーがあるという恵まれた環境のため水筒は小さめが何かと便利ですが…、会社で補充が出来ない場合はやはり、500mlサイズとかでないと一日持たないかもしれません。

(沢山水分摂る方だと、500でも少ないかも。わたしは意識しないとほぼ水分摂らないので500で足りてしまいますが…)

 

携帯浄水器

かさばらない

小さく軽い。ほぼ荷物の負担になりません。

水筒などを持ち歩かない人は、もしものために鞄に入れておくとかなり安心できると思います。

これがあれば、普通じゃ飲めない水でもだいたい飲み水とすることができるようになります。

(商品によって変わりますが、ウイルス等、一部除去しきれないものがあるようです。その場合火が使えるなら煮沸するor薬品で消毒する→浄水器をとおすことで、飲むことが出来るとのこと)

 

わたしが買うならこの携帯浄水器

評価の高かった2つの携帯浄水器を2つ紹介します。

どちらもろ過性能が高くコンパクトです。

近い内に注文し、家用のリュックに入れておこうと思っています。

SAWYER ソーヤー ミニ SP128

MONOQLO 2016年4月号にておすすめされていた品。

泥水をろ過しても水道水レベルの透明度と味との事。

(大腸菌や細菌も、ちゃんとろ過されていました)

ひとつ4000円前後。

 

アーバンテック SUPER DELIOS(スーパーデリオス)

防災のブログでおすすめされていたもの。

マヨネーズ系のボトルとセットですが、ペットボトルに取付可能なので蓋(これが本体か)だけをコンパクトに持ち歩くことも可能。

泥水もろ過できるが味は若干違和感があるらしい。

ひとつ3000円前後。

お値段的に、わたしが買うならこちらかなぁ。

 

 

 

★この記事を気に入ってくださった方は、ブックマークツイートをしていただけると嬉しいです!ブログを更新する励みになっています。いつも読んで下さりありがとうございます。

★ブログ・ツイッター初心者の塩くまは読者さん・フォロワーさんを大募集中です!もしも気に行って頂ければ、ぜひよろしくお願いします!

☆読者登録→ 

☆ツイッター→ 塩くま(@vshiokuma

スポンサーリンク