塩くまぶろぐ

塩くまぶろぐ

「ゆるく楽しくシンプルに暮らしたい」雑記ブログです。

毛玉取り機、ついに買いました~!服が蘇って感動!

こんにちは!

塩くまです。

 

何度か言ってる(かもしれないけど、言ってなかったかもしれない)、『毛玉取り機ほしい』ですが、実は結婚したての2年半くらい前からずっと言ってました。笑

そしてこの冬、ついに買いましたーーー!

 

けだまとりき を てにいれた!

実家にはあったのですが。

正直、こんなに自分にとって必要なものだとは思わなかったです。

秋冬はニットが大好きでほぼ毎日ニットです。

 

…いや、真夏以外着てるかも。

というか真夏もコットンのコーディガンは冷房対策でほぼ毎日持ち歩くので、素材は違ってもニット自体はオールシーズン使っているかもしれません。

 

で、ニットにつきものの毛玉。

毛玉取り機を買う前は、カミソリでちょちょっと取ってました。

コンパクトだし手軽にできるし、いいじゃん☆って思っていたのですが、服全体を刈るとなると…ましてやそれが何枚も…あると、もうすっごく大変で。

 

めんどくさすぎて毛玉を放置で着るも、それはなんだかみっともないんですよね…清潔感に欠けるというか…。

なので、毛玉が目立ってきたら買い替えてみたりもしたのですが、そうすると今度はちょっと不経済なんです。だって、服自体はまだ着られるのです。心とお財布が痛みます。

 

なのでついに先日の楽天スーパーセールで購入しちゃいました!

これです↓

 

いくつか調べて、評判がよさそうだったテスコムの毛玉取り機(KD778-H)にしました。

実家のは電池式だったんですけど、これは交流式(コンセント式)なのでパワーが落ちなくて快適!というところが決め手になりました。

たしかに実家のは、使ってると途中でパワーが落ちていくんですよ…。

 

あと、電池替えるのってめんどくさいです。わたしだけ?

 

毛玉だらけのパーカーが蘇って感動!

家に届いて早速使ってみました。

ずっと毛玉が気になっていたけどお気に入りで捨てたくなかった、お部屋着にしてるパーカーです。

 

毛玉だらけだと、見た目もなんとなくみすぼらしいし…触り心地もごわごわした感じに…

 

早速電源オン!

ヴィーーーンと けっこう音は激しめですが、実家のもこれくらいだったような気もします。

きっと電動毛玉取り機の音はこんなものなのだと思います。

 

カットする長さを調節できる『安全カバー』的なものがついているのですが、このパーカーの場合はカバーなしで使用するの推奨らしいです。

スウェット・靴下などはカバーなしがいいみたい。

なので、大丈夫かな…と思いつつカバーなしで慎重に生地の上を滑らせました。

 

そしたらまぁ取れる取れる!!

毛玉がある部分を刈ってるときは、音がヴィーーーンというよりはガリガリガリガリみたいな感じになって少々びびるのですが(笑)、慎重にやれば大丈夫です。

ただ、そのあとにニットとかも刈ってたのですが…調子に乗って適当に動かしてたら(安全カバー的なものをつけてはいましたが)生地に穴をあけてしまいました…

なので、気持ちよく毛玉が取れるからといって適当に動かしてはいけない。

 

実際使ってみて、具体的に気を付けたほうがいいところとして、

  • 安全カバーはあると安心だが過信はしない(適当にやってると穴開きます)
  • 使用時 生地に押し付けすぎない
  • 同じ部分に長くおかない
  • 服を置くときはなるべく平らにきれいに整えて置く。たるませない。

…まぁ、当たり前の注意点なのですが、、このへん適当にやってたら穴を開けたのでご参考までに。

 

でも気を付けて使う分には、ほんとうに便利です!!

きれいに取れるのが気持ち良すぎて、自分のパーカーのつぎにセーター、夫の靴下…と、おかわりしながら「毛玉取り屋さん」と化しました。(笑)

 

きれいになったのがこちら

f:id:vkuma:20161215153047j:plain

何年も前に福袋に入っていたパーカー。

お出かけに着るには垢抜けないんですが、見た目が好みすぎてお部屋で愛用しています。

 

遠目に撮るとよくわからなかったので、近づいて撮ってみました。

f:id:vkuma:20161215153056j:plain

左側が毛玉取り機使用後・右側が使用前です。

もしかしたら写真だとあんまり差がわからないのかもしれませんが、

ものっすごくきれいになりました!

見た目も、触り心地も、本当『蘇った!!』ってかんじです。

こんなにしっとりした生地だったのかあ~~~と思いました。

 

毛玉取りしてて感じたのですが、手順としては

細かい部分→大きな部分

という順番で毛玉カットしていくと楽&きれいにしやすい気がしました。

アイロンとかと同じですね。

 

今回でいうと、フードの部分や脇の部分・横の縫い目のあたり・チャックのまわりなどを先にやってから→全体(身頃?)を毛玉取りする。

袖でいうと、普通にたたんでいるときは折り目になってしまう部分を開いて毛玉をとって→普通のたたみかたに直して全体的に毛玉を取る。

みたいなかんじです。

文字にするとなんかわかりにくいですかね。

 

カミソリと比べると、比較にならないくらいめちゃめちゃ早くきれいになりますが、わたしが作業している姿を横で見ていた夫は「電動でも意外とひとつ終わるまでに時間かかるんだね~」なんていっていました。

たしかに、毛玉を取りたい服がたくさんあると意外と時間がかかりそうだなとも感じたので*1、たとえば毛玉を取りたい服をたくさんためてまとめてお仕事するのではなくて(笑)、週に一回数枚をきれいにするとか。気が付いたときにサッと一枚きれいにするとか。

そんなかんじでこまめに毛玉取りをするのにはかなりいいんじゃないかな?と思いました。

そのときは手軽に&ハイパワーで、きっと力になってくれるはずです!

 

これからは気になったらこまめに毛玉をきれいにして、『きちんとしてる♪』『清潔感ある♪』と言われる人を目指します♡

ほしいほしいとずっと家で言ってましたが、夫にも言われたけどほんと『もっと早く買えばよかった』です(笑)

 

 

 

★この記事を気に入ってくださった方は、ブックマークツイートをしていただけると嬉しいです!ブログを更新する励みになっています。いつも読んで下さりありがとうございます。

読者さん・フォロワーさんを大募集中です!もしも気に行って頂ければ、ぜひよろしくお願いします!

☆読者登録→ 

☆ツイッター→ 塩くま(@vshiokuma

*1:カミソリでやってたときもそうなんですけど、「あとでまとめてやろう~」と思ってためておいて、いざやるときに時間がかかるなって思うとやる気がなくなるというか…(笑)。『溜めない』はお掃除でも他のことでもなんでもそうですけど大切ですね。特にわたしみたいなずぼらは…。

スポンサーリンク