塩くまぶろぐ

塩くまぶろぐ

「ゆるく楽しくシンプルに暮らしたい」雑記ブログです。

片付け(捨てる)って、大げさだけど人生変わるよ②

今でこそ、ズボラなわたしがそこそこキレイをキープできて、しかも実家に頼らず自分たちだけで暮らせているわけですが、これってモノを減らしたおかげだ・片付けたおかげだってわりと本気で思っています。

元汚部屋住人のわたしが片付けたキッカケと、片付けてそこそこキレイな生活を続けている今、『片付けて良かったな…』って思っている理由を書いてみます。

前回の続きで、今回は片付けたあとのお話です。

 

ちなみに前回は片付けるまでのお話を書きました。

vkuma.hatenablog.jp

 

  

片付けてよかったなって思っている理由

自己肯定感が高まる

前回も少し書いてたのですが、もともとわたしは 自分は片付けもできないダメな人間 だと思ってました。

  • 部屋をきれいに保つって簡単なこともろくにできない
  • 物は使ったら出しっぱなし
  • やったらやりっぱなし
  • 忘れ物が多い
  • やるべきことをやってない(締め切りギリギリでやる)

などなど、おいおい。どこの誰が聞いても立派なダメな人間です(´;ω;`)

母にもいつも なんでこんなこともできないの みたいに言われるし、わたしってほんとダメだなーって思ってた。

ちゃんとやらなきゃなという気持ちがなくはないのですが、いざやると、なんか集中力が続かなかったり。そもそもやる気がおきなかったり。

 

なのですが、そこそこキレイをキープできるようになってきてから、少しずつ 自分もそれなりにできるんだって気持ちがもてるようになったんです。

優秀ではないかもしれないけど、少なくとも 自分なんて…て卑下することはないな〜と。

実際に きれいにできた!という成功の経験をして、さらにそれをそこそこレベルだとしてもキープして、「自分、やればできるじゃん♡」なんて思ったりして。(普通の方からしたら、かなり低レベルなお話で申し訳ない)

 

もちろん今でも、やったらやりっぱなし〜ってことも多いし、めんどくさがりだし、相変わらずなところもあるのですが、それも別にすごく悪いことだとは思ってないんです。(きちんとしたいとは思ってますが…!)

わたしはだらしないところも忘れっぽいところもあるけど、そこは個性ってことでまぁしょうがない。

でも、夫もいるし子どもも欲しいし だらしないながらもそこそこきちんとできるようにしよう。いつもニコニコしていられるように、無理しないでゆるくできる方法を試していこう!

そんなふうに見方を変えることもできるようになってきました。

 

これが前のままだと、

  • 自分なんてだらしなくて夫に申し訳ない
  • なんでこんなに忘れっぽいんだろう、ほんとにだめな人間だな
  • 家事もちゃんとやらなきゃいけないな…(〜しなければいけない、って言い回しや考え方は、心に負担のかかる言葉だそうですよ!なるべく「〜しよう」「〜したい」がいいです)

って、否定的な見方ばかりしていたんじゃないかなって思います。

たとえ同じことを について考えていても、きっと人格も、行動も、全然違うことになるんじゃないかなと思うんです。

思考や行動が変わると、人生・運命も変わってく…なんて言葉もどこかで聞いたことがあります。

 

f:id:vkuma:20160721174428p:plain

わたしでもそこそこ整った部屋をキープできた

前述のとおりのダメダメなわたしですが、片付けて物が少なくなってからは、そこそこ整った部屋をキープできているんです。

相変わらずだらしない&ずぼらだから、そのへんにやりっぱなし(おきっぱなし)なんてこともあるけど… でも、前みたいに床が見えない!なんてことはここ何年もありません。頑張っているわけじゃないけど、そこまで部屋が大荒れにならないんです。

頑張らなくてもそこそこの状態を保てるって、すごくいいです。

大荒れの部屋で自己嫌悪することもないし、キレイに保たなきゃ!って過剰に頑張ってストレスをためることも無い。

 

人がいつ来ても恥ずかしくはない

以前は、部屋が散らかっているのがデフォルトだったわけで、人が来るとなるともう大変でした。

数日前には絶対に言ってほしい!!です。頑張って片付けます(と言っても、捨てる概念は当時なかったので見えない所にしまう感じですが)。

 

今はとってもきれいとは言えなかったとしても、いつもそれなりにきれい(自分比)なので、突然誰かが来てもあんまりあわてなくてすみます。

ちょっと見苦しい所を隠す(洗濯物のカゴにタオルを掛けて目隠しするとか、寝室のドアを閉めておくとか)ことはしますが、ちょちょいで済むことなので 前みたいにウワーッという感じで片付けなくて大丈夫。

今でこそ、急に点検やら宅配便屋さんやらが来てもへっちゃらですが、前だったらもう、来るたびにヒヤヒヤ(イライラかも…)だったかもしれません。

 

きれいのキープが圧倒的に楽

  • ちょっと適当にしていても、もう惨状にはならない
  • ちょっと散らかっていても「それなりにきれい」
  • 汚れがわかる・汚れを取るのも楽

キビキビきれいにしていなくても、『それなりにきれい』なレベルでしたら普通にキープできます!それがこのダメダメなわたしだとしても、です。

どこもピカピカ♡っていうレベルは、やっぱり日々のこまめなお掃除なんかが大事なのでちょっとだけ努力がいりますが、とはいっても物が少ない部屋だと、掃除も楽なんです。

楽って言うか、汚れがひどくたまる前に目につく(気が付く)&いろいろどかしたりしなくても簡単に掃除ができるというのが正しいですね。

 

物がいろいろあると汚れがたまりだしても気が付きにくいのと、散らかってると掃除ひとつするにもいろいろどかすのがめんどくさいんです。で、結局あとまわし→忘れる→汚れがたまる→めんどくさいからあとまわし…のループになっちゃったり。たまに掃除する方が労力がかかるから大変なんです…(経験者)

 

f:id:vkuma:20160721174510p:plain

そういえば、部屋がきれいになってから窓を開ける習慣がつきました

以前はずーーーっと閉めっぱなし。なんてしょっちゅうだったのですが…

不思議なもので、窓を開けるとなんだか気持ちが前向きになったり、シャキシャキ動こうかなっていう気持ちになります!

なんとなくやる気が出ないな~って時とか、朝眠くて起きたくないな~でも起きないとな~って時は、窓を開けてみるのおすすめですよー!

 

節約にもなる

モノが欲しい病が落ち着きます

なぜか散らかってるときって、「お買いものしたーい!」ってなります、私の場合。

服とかもたくさんある時ほど、なぜかいろいろ欲しくなる。

ひどいとき、わたしほとんど毎週末 服とか買ってましたよ…バイト代ほとんど服とか雑貨とかに使ってたんじゃないかと思います。

物をいったん整理すると、「これ、ほんとに買うべきかな?」って一旦立ち止まることができやすくなります。

一度ドカンと捨てているとなおさら…沢山捨てたからこそ、無駄に物を捨てることに罪悪感を覚えるというか…(捨てることに抵抗はなくなるんですが、買ったものを気に入らなくてすぐに捨てるのはもったいないと思う)

「これ、ほんとに必要かな?」「買ってすぐ捨てることにならないかな?」「もしいつか捨てる時は、捨てやすいかな?」そんな目線でもお買い物の時に悩めるようになります。

 

同じものかぶって買いにくくなる

笑っちゃうけど、前は漫画の同じ巻とかかぶって買っちゃうことがありました…!(持ってるのに、持ってるの忘れててまた買っちゃう)

今はほんとにそういうの減りました。

たまに、冷蔵庫の中身確認しないで適当に買い物に行くと、少なくなってるから買わないとな~ってごまとかしょうゆとか買って、家帰るとまだあった!なんてのはいまでもありますが(^v^;)

 

たとえ良い物を買っても、節約になる場合もある

物がたくさんあったときって、なんでかわからないけどお金にいつも余裕がなくて、「ほんとはあっちのメーカーの○○がほしかったけど…、でも、こっちのメーカーの○○も似たようなかんじだし、安いし、いっか!」なんてちょっと妥協して買ったりすることが多かったんです。

これでいい人ももちろんいると思うけど、わたしの場合はまさに安物買いの銭失い…でした。

妥協して買ってるから、ほんとうのところではあんまり気に入ってなくて 適当に扱って壊したり、断捨離されたり、なんとな~く不満を持ちながら使っていたり…、結局買い直したりも。

 

わたしの場合、はじめから気に入ったのを買った方が節約になってることが多いです。

初期投資はちょっと高くつくとしても、気に入って大事に長く使う(もっといいのないかな~って探したりしない)ので、途中で買い替えとか処分されたりするのが発生しにくいです!

 

いつも「お金ない」って思ってたけど、今は「わりと余裕がある」と思ってる

f:id:vkuma:20160721174334p:plain

昔はバイト代は自分のお小遣いだったので、2~8万円くらい毎月自由に使えたんです。その中で貯金してたっていうのもあるけど、自分のお金に関しては「自由に使えるお金少ないな~」っていう印象を持っていました。

今は結婚してお小遣い制で、お小遣いは月に1万5千円。前よりずっとずっと少ない…!

でも、少ないな~って思うこともあるけど、おおむねやりたいことはできているので(主に趣味のチェロレッスン代、友達や実家の家族と外食、自分のおやつなど)だいたい満足してます。

 

たぶん、欲望に任せて服とか買いまくることが減ったからだと思うのですが、「いつの間にかお財布の中身が減ってるーー!」ってことがほんとになくなりました。

お財布の中身をだいたい把握できるようになった気がします。

使えるお金の額は少ない(と思う)んだけど、やりたいことはだいたいできてるし「わりと余裕があるな~」なんて思っています。

 

お金がいっぱいあるぞー!とも思ってないけど(笑)、お金がもっともっと必要だとも思わないというか。実際は独身の時よりもだいぶ少ないんですけどね。

この気持ちの持ちようは日頃の精神状態に大きく影響します。

「お金がない(ほしい)」って、けっこう心が荒みます…。

お金に不満を持ちにくいと、日常の満足感がかなり上がります。

しあわせって思って暮らしやすいです。

 

安全性の高い暮らしが出来る

部屋が汚かったときは「アンタの部屋は何踏むかわからないから危ない」って言われてた(笑)

だいたい床に物が散乱してることが多かったので、母からはよく「アンタの部屋は何踏むかわからないから危ない」、「台風が来てる(※散らかっているという意味)」と言われていました…。

まぁ確かに、部屋の住人以外には何がどこにあるかわからないですから仕方のない意見ですね。何踏むかわからないから危ないってのはまったくもってその通り。

ちなみに散らかっていても、意外と部屋の住人はどこに何があるかわかるものです。

 

モノが少なかったから震災で被害は少なかった

震災があった時は実家で暮らしていました。

実家は茨城県なので、東北の方と比べたら全然軽い被害だったのですが、それでも家の中のいろいろなものが倒れたり動いたり、物の多い父の部屋は棚の中のものが崩れて倒れたりして扉が開けられなくなったり(!!)しました。

わたしの部屋は家具はシングルベッドと机くらい。物も基本見せない収納(=クローゼットとかに全部しまう)をしていたので、家具がちょっと移動しているくらいの被害だけですみました。

以前は家具ももっとあったし、モノ自体の量が多かったので…たぶんあのまま暮らしていたら、いろいろ倒れたり崩れたりして大変なことになったんじゃないかと思います。

父の部屋のように開けることが難しくなっていたかも…。

 

わたしは幸い実家暮らしで被害も軽く、家族もみんなケガもなく無事でしたが…、

もしももっと揺れた地域に住んでいたとしたら?

もしも一人で暮らしていたとしたら?

もしも物が沢山あって、崩れてきて埋まったり、部屋からの脱出が困難になったら?

もしも沢山の物が、揺れで自分に向って飛んできたら?

…すごく恐ろしいことだと、地震の軽い地域だったわたしでも感じました。

 

安全対策するにも、モノが少ない方が絶対楽

地震対策をはじめ、『家庭で安全対策をしよう!』ってなったときも、言うまでもないけど絶対に物が少ない方が楽です

家具を固定するのも、危険の少ない向きや場所に移動するのも、少ない数の方がきちんと対策しやすい。

大量にあると手を付けるのがおっくうになりそうだけど、少なめの数なら手を付ける気持ちにもなりやすい。

 

まとめ。片付けて人生変わるって本当

捨ててもいいんだって思えて、片付けて、ほんとによかったです。

自分は部屋もきれいにできない、頭も良くない、性格もよくない、いいところなんてないじゃないかと思い悩んだ時期もあったのですが、悩んだものも含めてガッと捨てて、多少後悔もなくはないけどそこそこキレイな部屋をキープできて…わたしはできない人じゃないんだって、だめじゃないんだって思えることが出来た気がします。(ちょっと重くて申し訳ない)

 

あと、

管理が簡単になる→掃除がそこまで面倒じゃない→きれいに保つのが簡単→掃除がそこまで面倒じゃない→(以下ループ)ですよ、ほんとキープが楽なんです

そんなに無理してないのにそれなりにきちんと暮せてる!って事実は本当に自信になります。

自信がつくと、少しずつ性格も明るくなる。

性格が明るくなると日頃の行動も変わってくる。

日頃の行動が変わってくると、未来(人生)が変わってくる。

身をもって実感しています。

 

 

 

★この記事を気に入ってくださった方は、ブックマークツイートをしていただけると嬉しいです!ブログを更新する励みになっています。いつも読んで下さりありがとうございます。

★ブログ・ツイッター初心者の塩くまは読者さん・フォロワーさんを大募集中です!もしも気に行って頂ければ、ぜひよろしくお願いします!

☆読者登録→ 

☆ツイッター→ 塩くま(@vshiokuma

スポンサーリンク