塩くまぶろぐ

塩くまぶろぐ

「ゆるく楽しくシンプルに暮らしたい」雑記ブログです。

『水切りカゴ』をやめてみる

 

「これ、掃除大変なんだよなぁ…」「あれば便利だけど、なくせないかなぁ」

って思うもの、ありますよね。。

 

わたしの場合は、その代表とも言えるものが 洗った食器を入れておく『水切りカゴ』!

自分の実家にも夫の実家にもあるし、「生活するうえで当然必要なモノ」というか… 考えるまでもなく買うモノだよね? と、結婚してすぐに購入しました。

 

でもこれっ ステンレスの細い部分とか、重なっている部分とか… めっちゃ洗いにくい!!!

しかも、シンク内で洗うと、シンクと水切りカゴがどうしても擦れて 金属同士が擦れたときの嫌な音がします。(わたしにとってすごく苦手なことです…)

かといって、わざわざステンレス製じゃないやつ(プラスチックとか)を買うのも、結局洗う手間は減らないし。。

 

だから、だいぶ前から 水切りカゴなくそうかな? って思っていました。

 

今、試しに水切りカゴなしで生活して1週間くらいになるんですけど、なければないでなんとかするというか。なくてもなんとかなりそうな気がします。

 


 

 

 

水切りカゴのお手入れがストレス…

水切りカゴって、お掃除しないで適当に使ってると、すぐに ピンクのぬるぬるした汚れ(カビ? 雑菌の集まり?)…がつくし、白い水垢汚れが固まって取れなくなるし…

マメに掃除すればいいって話ではあるのですが、これ、他のお宅ではちゃんとマメに洗っているんですかね(´;ω;`)

 

先に書いたとおり、わたしにとってはものすごくめんどくさいよ…

  • そもそも形状的に洗いにくい(凸凹が多かったり、細い部分が多かったりでスポンジでもブラシでも洗いにくい)
  • シンク内で擦れる音が苦手
  • シンク狭いと洗うのも泡を流すのも大変(前の家はそうでした)
  • せっかくきれいにしても 濡れてる状態が長いから、油断するとすぐ汚れちゃう

 

もう!!

めんどくさい!! (´;ω;`)

 

だから、こういう、「自分にとってどうしてもストレスを感じてしまうもの」っていうのは いっそのこと無しで暮らしたほうが快適なんじゃないかと常々考えます。。

 

 

「洗った食器どこに置くの?」が懸念

じゃあ、カゴをなくしたとして。

「洗った食器はどこに置いたらいいの?」っていうのが心配でした。

(夫からもこういう内容のブーイングが少し…)

 

実家にも水切りカゴって当然のようにあったから、水切りカゴがない場合の暮らしかたのイメージが全くないんですよねー。

 

でも、いろんな人たちのブログとか見ていると、水切りカゴなしで快適に暮らしている人もいっぱいいて。

 

たぶん、家事に関しては『これが100点満点』『これが正解』っていうのはないんですよ。

人それぞれいろいろな価値観があって、ひとそれぞれやりやすいやり方があって。

だから、いろんな人のやり方を参考にしつつ、自分なりにやりやすい ストレスのないやり方を模索していけばいいじゃない! って思っています。

 

わたしのこのブログも、誰かにとっての参考のひとつになるとうれしいなぁ。

 

 

最近の『水切りカゴなし生活』の試行錯誤

 

まだぜんぜん確立できてはいなくて(;'∀') 日々試行錯誤の途中経過、なんですけど…

 

幸い我が家のシンク横の作業台は狭小ではないので(※広くはないけど)、台の上をキレイに拭いてから、どんどん洗ったものを置いていっています。

まだいろいろ試しているところですが、1週間程やってみて気づいたことや「こうするといいかも」って思ったことがいろいろあって

  • 作業台の上に直接置いて衛生面大丈夫? → 台拭きで汚れをキレイにしたあと、気になるならアルコールスプレーでもシュシュッとしておけばOK。(でも、多分、マメに洗ってない水切りカゴのほうが汚い
  • うちみたいな ステンレスの作業台で凸凹の溝(?)がある形の場合、溝に合わせて置くと まな板・平皿・鍋・フライパン などが立てかけられる
  • 小鉢とか丼とか 水が切れるように逆さまに置いてたけど、普通の向きで置いておいてもそんなに布巾で水を拭きとるときの手間は変わらない
  • ボウルやざるを洗うときは先に洗って作業台に置いておいて、その中に細々したもの(タッパーの蓋とか、おたまとか、水筒の蓋とか、小鉢とか、入ればなんでも)入れるとすごく楽。調理で使ってなくてもわざわざ洗い物の時に出したいくらい。ボウルやザル程度なら、最後に布巾で拭くのも楽。
  • 箸やスプーンはボウルなどに入れるか、マグマップなどに立てる。

 

 

今のところの食器洗いの流れとしては、

  1. 作業台に置いてあるもの(洗う必要があるもの)はシンクの中へ。作業台を拭いてキレイにする
  2. 食器とかを洗って作業台にどんどん乗せていく
  3. 布巾で テーブル→電子レンジ(使ってれば) を濡れ拭き
  4. 作業台の上のものたちをどんどん拭いてく(テーブルとかに置いとく)
  5. 食器や鍋などをしまう

みたいなかんじです。

 

夜だけは コンロも拭いてます。

なので、夜は テーブル→電子レンジ(使ってれば)→コンロの周りの壁→コンロ(できる限り五徳とかも外して拭く)→コンロを持ち上げてコンロ置き場(?)を拭く という感じでお掃除しています。

文字にするとけっこう多いな! って感じるのですが、実は全部やっても数分(5分は絶対にかかってない)なのでめんどくさがり屋のわたしでも続いています。

 

わたしの場合 水切りカゴがあった時も、手順としては 洗う→水切りカゴに置く→ちょっと放置(ある程度水を切る)→食器を布巾で拭く→食器を棚に戻す でした。

なので水切りかごがあってもなくても食器洗いのやること自体はあんまり変わらないのですが、水切りかごに放置してそのままにしておくタイプの人 には『布巾で拭く手間』が増えるのであんまりよくないかも。

 

 

洗った食器の水が切りやすいから 水切りカゴはあればとても便利なんだけど、カゴ自体の汚れがほんとうにほんとうに 自分にとってストレスなので、カゴなしで快適に暮らせるようにいろいろ模索してみます!

 

 

スポンサーリンク