塩くまぶろぐ

塩くまぶろぐ

「ゆるく楽しくシンプルに暮らしたい」雑記ブログです。

家にあるもので、肉まんを美味しく蒸せる

昨日年始の挨拶に行ったら、実家の母が 大阪土産の肉まん をくれました。

 

 

1月1日、

「肉まん買ってきたから明日持っていくね。大阪で有名な551のだよ!」

と 母からLINEがありまして。

 

 

母は、昔から… デビュー前から、KinKiKidsが大好きなんです。

キンキの、堂本剛くんが大好きで。

わたしが小学校にあがるかあがらないかの頃には、『金田一少年の事件簿』をしょっちゅう見てました。

サスペンスドラマや探偵モノも好きで、わたしは殺人事件のドラマとキンキの歌で育ったんじゃないかっていう(´・ω・`)

 

年末にはキンキの『カウントダウンコンサート』が恒例行事で、家にいる年末は「年末に家にいるなんて! 何しよう~!」と言い出す母です(´・ω・`)笑

今年は大阪のカウントダウンコンサートのチケットが当たったので遠征してきたらしい。

 

家にあるもので蒸せる

「肉まんか~ チンすれば食べられるかな?」と思っていました。

うち、蒸し器ですとか 肉まんをチンする用のお皿(実家にはあった、下に水を入れられる蓋つきのレンジで使えるお皿)ですとか、そういったモノがないので…。

 

でも、せっかくの美味しい肉まん、レンジでチンするだけで大丈夫? 台無しにならない? とも少し心配で

スーパーで売っている やっすい肉まんなら、何も考えずにラップかけてチンするんですけどね(笑)

 

そうしたらご丁寧に、お皿で蒸す場合のやりかた が書いてあった!

 

 

方法は

  1. 皿に少量の水を入れ 割箸を皿の上に平行に並べる
  2. 割箸の上に肉まんを置く
  3. 肉まんに キッチンペーパーに水を軽く含ませてかぶせる
  4. 上からラップをかけて加熱する

 

 

おぉ~、これなら、『にくまんをレンジでチンする用のお皿』は無くても大丈夫ですね!

あるもので何とかする ことをいつも考えているので、ひとつ賢くなりました。

 

「便利そう~」かつ 見た目がシンプルで好み だと、ついついモノを買ってしまうことがある わたしなのですが、今年は昨年よりもさらに できるだけモノは増やさずミニマルに暮らすことを目指します!

 

 

皮が甘めでおいしい、551の豚饅

さて、説明書き通りやったら、しっかりきちんと蒸せました!

 

 

お正月の料理(いや、大したもの作ってないけど…)にはない、この美味しさ!

体がすごく喜んでいます(笑)

 

 

肉まんと おせちの残りのハムやカマボコをつまみながら『よゐこのマイクラでサバイバル生活』をダラダラ見る正月休み…( *´艸`)

 


よゐこのマイクラでサバイバル生活 第1回

 

人を馬鹿にしたり、いじったりして笑いを取るお笑いは苦手なので、あまりテレビのバラエティとか好きじゃないのですが… よゐこは平和なので好きです。

安心して見ていられるというか。

(芸人さんが熱湯風呂に落っこちるですとか、おしりをバットで叩かれるですとか、かわいそうになってしまって安心して見ていられません…)

 

ようやく、よゐこのマイクラ シーズン1が見終わりました!

シーズン2もまったり観賞していきます(笑)

 

 

 

肉まんに話を戻して。

 

皮がふんわり、甘めでした。

わたしはこういった食べ物の『皮』『生地』が大好きなので、この肉まんはしっかりふんわりした皮がいい。

スーパーのお安いのだと、パサパサになっちゃうものもあるので。

 

もちろん中の餡もしっかりおいしいです。

からしをつけても合いますよ( *´艸`)

 

551って知らなかったのですが(テレビとかで有名ですか? あまり見ないので、とても疎いです)、美味しいですね!

 

ここの肉まんとか、東京近郊なら崎陽軒のシュウマイとか。美味しい食べ物はお土産にもとっても喜ばれそう。

地元にはあまりそういったのがないので、こういうものがある地域がうらやましいです(*'ω'*)

 

 

 

★この記事を気に入ってくださった方は、ブックマークツイートをしていただけると嬉しいです!ブログを更新する励みになっています。いつも読んで下さりありがとうございます。

読者さん・フォロワーさんを大募集中です!もしも気に行って頂ければ、ぜひよろしくお願いします!

☆読者登録→ 

☆ツイッター→ 塩くま(@vshiokuma

スポンサーリンク