塩くまぶろぐ

塩くまぶろぐ

「ゆるく楽しくシンプルに暮らしたい」雑記ブログです。

無印大好きだけど、これは失敗だった|無印フローリングモップとクイックルワイパー本体の比較

普段の床掃除は、クイックルワイパー(*´ω`*)

気が付いたときにサッとお掃除できるし、音も静かだし、とってもありがたい。

(友達が、「うちの旦那、一人暮らし経験あるけど掃除機持ってなくてさー!今まで何で掃除してたの!?って聞いたら、『クイックルワイパーとコロコロ!』って得意げに言うんだよ!信じらんない(;´Д`)!」って言ってたけど… ごめん、わたし、それだわ……笑)

 

掃除機はきれいになるし頼もしいのですが、

コンセントさしたり

届かないと別のところにさし直さないといけなかったり

重いし大きいし

ゴロゴロ転がしてると壁とかにぶつかったり時にはひっくりかえったり

音が大きいから使う時間限られるし

 

もーとにかくストレス!

掃除機を使っての床掃除は苦手な家事のひとつです(´;ω;`)

スティック式掃除機なら違ったかもしれない(←わたしはこっち買いたかった)けど、「吸引力低そう…」と夫が心配して、タイヤがついてる大きい掃除機(キャニスター型?)を結局買いました。

 

…まぁ、ズボラなわたしは掃除機するのがハードル高くて…

結局、掃除機は我が家では ほぼ夫の担当です。(笑)

 

 

さて。

前置きが長くなっちゃいました。(※いつも)

 

無印大好きなわたし、

クイックルワイパーも無印の 掃除用品システム・フローリングモップ を…使っていたんです。

 

www.muji.net

 

ですが、これがどーにも…

 

認めたくないけど… 使いにくい。

見た目はいいけど、使いにくい。

結局現在は王道の クイックルワイパー の本体を使っています。

 

 

『無印フローリングモップ』と『クイックルワイパー本体』の比較

ふたつを比較して、わたしが感じていることなど書いてみます。

 

本体について

まずは、本体について比較してみます。

基本的に右が無印。

左がクイックルワイパーです。

 

長さは同じくらい

長さはほとんど同じです。

長さによる使いやすさの差は、わたしはあまり感じません。

 

 

見た目は無印が良い!

無印は見た目がつるんとシンプル。

クイックルワイパーは色は地味目で◎だけどつなぎ目や細部がなんかちょっと垢抜けない…。

 

 

あと、無印だと『掃除用品システム』の他のものと組み合わせて使えるのがすごくいい。

なんか、カッコイイ。(笑)

 

無印は柄の擦れる音がうるさい

実は我が家にある無印のワイパーは二代目。

一代目は10年くらい前に購入して、実家にいるときから使っていたもの。(3年くらい前に手放した)

今我が家にあるのは、今年の春に購入したもの。

※クイックルワイパー使いやすいけど、やっぱり見た目が無印がいいーー!と、買い直しました。あほです。

 

今我が家にあるもの(無印)、持ち手の擦れる音(手や衣服などと触れたときの音)

すごく気になります。

金属音…ではないけど、わたしはすごく不快に感じる。

もしかして以前のと違う? リニューアルされてた?

前の、こんな音したっけ(´;ω;`)?

 

クイックルワイパーは特に音は気になりません。

 

重さは無印のほうが少し重め

はかってみたら、無印は約475g・クイックルワイパーは約340g でした。

 

たいした差でもないように見えますが、実際持つと結構差があって、

クイックルワイパーに慣れていると無印「重いな~」と感じます。

 

やっぱり軽いほうが、スイスイ動きやすいし、「掃除しようかな?」って手に取りやすい。

掃除を始めるハードルが低くなるんです。

 

とめるところも同じような形。でも…

パッと見ほとんど同じなんだけど、ここ、全然違う。

 

 

無印は固い。痛い。なのに外れやすい。

無印のは、なんか素材が固い。

だから、フローリングシートを装着するときに痛い(´;ω;`)

 

 

なのに、

痛みを感じながらもしっかり奥までシートを入れ込んだはずなのに、

結構な頻度でシートが外れます。

掃除中何度か外れるとか ザラです。

 

もー すっごくストレスで。

 

クイックルワイパーは柔らかい。痛くない。しっかりとめられる。

クイックルワイパーは柔らかい、ゴムみたいな素材です。

だからシートを入れるとき痛くない。身構えずにサッとシートを装着できます。(笑)

 

 

サッとシートを装着しても、シートが掃除中に外れるなんてことはありません。

 

小さなことだけど、これってすごく快適なのです。

 

裏側について

裏側はだいぶ違います。

上がクイックルワイパー、

下が無印です。

 

見た目は無印のほうがいい。けど…

やっぱり見た目は無印がいいかんじ。シンプル。

 

 

でも、無印は この床の上を擦る部分が固い。

 

「それの何が悪いの?」かもしれないけれど、ゴミが端っこでしか取れない感じというか…なんかしっかりゴミを集められない。。

シートの真ん中あたりとか、ほとんどゴミついてない(端っこばかりについてる)から、「なんかもったいないな~」と感じる。

 

クイックルはなんかぐるぐるしたデザインで、うーん。シンプルとは言い難い。。

でも、これがふかふかした柔らかい素材で、全面しっかりゴミを集められます。

 

 

無印から初めてクイックルワイパーに変えたとき、衝撃でした。

こんなに全体的にゴミを集められるなんて!! って。

ぐるぐるしたところが大事なのか、柔らかさが大事なのか…とにかく、全面でしっかりゴミを集めてくれます。

 

クイックルワイパーはさすが、『メーカーがしっかり研究しているんだろうな~』と感じています。

 

ただ、柔らかい素材(ゴムっぽい感じ)で、汚れが目立ちやすい気はします。

黒ずんでくるというか。

でも、シートを装着している時は見えない部分だし まぁあまり気にしないことにしています。

 

無印は外してモップ(雑巾)をつけられる

無印は、ベリッとはがすことで 使い捨てシートだけでなく、洗って繰り返し使えるモップ(雑巾的な)を取り付けることができます。

掃除用品システム・フローリングモップ用モップ/水拭き 約幅28×奥行13×厚さ1.5cm | 無印良品ネットストア

掃除用品システム・フローリングモップ用モップ/ドライ 約幅29×奥行16×厚さ2.5cm | 無印良品ネットストア

 

 

オシャレな暮らしのブロガーさんがよく使っていたりするのでわたしも買ってみたけど…、

 

この『ベリッ』とはがすのが、案外めんどくさい。

少し力がいるんです。でも、思いっきりやったら なんか壊しそうだし(´;ω;`)

 

あと、雑巾的なもの(洗って繰り返し使用可能なもの)を使うということは、いつかは洗う必要があります。当たり前だけど。

 

わたし、雑巾洗うのが苦手で…

 

で、結局洗う必要があるなら、普通の雑巾をクイックルワイパーに装着しても同じじゃないか?と思った。

わたしはダイソーで売っている、フローリングワイパーに装着できる白いマイクロファイバー雑巾(3枚組)が好きで時々買い替えながら使っています。

 

クイックルワイパーを使って約3年。無印…手放します。そして懺悔。

実は、先にも書いたけど 無印のワイパーは独身時代から使っていました。

でも、なんか、使いにくさを感じていた。

 

結婚してから、「やっぱりクイックルワイパーが使いやすいよー」って話を聞いて、試しに使ってみたら…ほんとに使いやすい( ゚Д゚)

 

で、独身時代からの無印は一旦手放した…

んですけど、やっぱり無印のシンプルさと『掃除用品システム』のカッコよさ! からどうしてもまた使いたくなって…

 

今年、2017年の春の無印良品週間で…

また買ってしまったんです。

使いやすくなってるかもしれないと思って。

 

でも、やっぱり、どーしても、わたしにとっては使いにくい(´;ω;`)

重いし、うまくホコリ取れないし、柄の擦れる音不快で。

 

結局 (使いやすいけどちょっとダサくて、無印のシンプルさに誘惑されて…)手放そうかと思っていたクイックルワイパーくんに戻り、浮気した無印くんとお別れすることにしました。

 

もう、本当、自分のこういうとこ嫌です(´;ω;`)こういう失敗よくします。本当、無駄…

よーく吟味して、見た目も大事だけど使いやすさも十分考慮して、長い期間気に入って付き合っていける物を選んでいきたいものです。 

 

 

 

★この記事を気に入ってくださった方は、ブックマークツイートをしていただけると嬉しいです!ブログを更新する励みになっています。いつも読んで下さりありがとうございます。

読者さん・フォロワーさんを大募集中です!もしも気に行って頂ければ、ぜひよろしくお願いします!

☆読者登録→ 

☆ツイッター→ 塩くま(@vshiokuma

スポンサーリンク