塩くまぶろぐ

塩くまぶろぐ

「ゆるく楽しくシンプルに暮らしたい」雑記ブログです。

『深海2017』に行ってきた感想!&混雑 入場規制180分待ち(!)の対策について

 

9月10日の日曜日に、東京都上野 国立科学博物館に行ってきました。

今回は、『深海展』目当て。

友達が深海大好きらしくお誘いを受け、5名でぞろぞろと行ってきました。

 

上野にはしょっちゅう行っていますが、実は科学博物館は2回目!(前回は特別展示『チョコレート展』の時に行きました)

 

博物館は良いですよね~。

すごく好きで、何度行っても楽しいです。

地元 茨城の自然博物館も大好きで、地元にいたころは子どもの頃から大人になってからも(笑)、何度行ったかわかりません。

特に動く恐竜と、大きいマンボウと、夜の森が大好き!!(*´ω`*)←地元博物館ネタ

 

 

ところで、

「夏休み終わってるし、そんなに混んでないだろ~」と油断してたんですが、とんでもなかったです。

ものっすごい混雑してました。

入場規制で、180分待ち。。(;´Д`)ディズニーランドか!

 

ツイッターで愚痴ったら、『人気のある特別展は期間の初めのころに行く方が空いている』とアドバイスいただきました。

今日はそんな博物館の混雑についてのお話と、

楽しかった博物館の感想です。(←誰得)

 

 

特別展『深海2017』

国立科学博物館(東京・上野公園)

期間:2017.7/11(火)~10/1(日)

時間:午前9時~午後5時

   ※金・土は午後8時まで 入館は各閉館時刻の30分前まで

   ※9/19(火)は休館日です

 

shinkai2017.jp

  *公式サイト見てるだけでも楽しい。

 

始まってからだいぶたつので、今更~な情報でもうしわけないです。

 

人気のある特別展は『期間の前半は比較的空いている』

夏休み終わってるし、それなりに空いてるだろ~ と、油断していったらまさかの180分待ち

 

入場券を購入後、入場整理券が配られました。

すぐには入場できず、整理券記載の指定時間に入場できるシステム。(わたしたちは、13:30頃に『16:00~16:15入場可能』の整理券を貰いました)

 

ちなみに、待っている時間(入場可能時間までの間)通常展示は見ることが可能でした。

恐竜・科学など、通常展示もめちゃくちゃ楽しめました。大人だけど…(*´ω`*)

どんな展示があるのか、詳しくは国立科学博物館のページをご覧ください。

 

混雑についてツイッターでつぶやいたら、思いがけずかなり有益な情報をいただけました。

どうもありがとうございます!

次回行くときは、期間の前半に行こう。

 

 

どーでもいい情報ですが、

地元(茨城)だと、博物館=広大な敷地 というイメージなんですが、

国立科学博物館は東京にあるのでさすがというか(?) 土地はそれほど広くないんだけど、何フロアもあります。

横というよりも縦に広い

いろいろな展示があり たっぷり楽しめますよ~。

 

国立科学博物館の感想日記

楽しかった博物館の感想を残しておきます。

 

レストランで腹ごしらえ

友達との待ち合わせは、上野駅で13:00。

お昼は合流してからみんなで せっかくなので博物館のレストランで食べようということに!

 

レストラン ムーセイオンで食べようと思ったけど、特別展も混雑しまくっているし、その影響か お店の前で待っている人が沢山で断念…。

パンダプレート、恐竜の足型ハンバーグなど、魅力的なメニューが多い!

たぶんお子さん大喜び。

(大人だけど)わたしも大喜び。

 

今度ぜひリベンジしたいですね!(*´ω`*)

 

結局、ラウンジ内のカフェでご飯を食べました。

メニューはスパゲッティ、ロコモコ丼など。

ここも混雑していたけど、幸運にもタイミングよくお帰りになるご家族がいて、声をかけたら席を譲っていただけたのでみんなで座れました。

 

ここの『ダイナソークッキー』『ダイナソーマフィン』めちゃくちゃ可愛いです。

帰りに買おうかと思ってたのに、忘れちゃった( ノД`)

 

ダイナソークッキーのことを書いているブログを見つけたのでリンク貼っておきます。

 

umalog.exblog.jp

 

恐竜のフロア 

B1F 地球環境の変動と生物の進化

 

お昼を食べている時に わたしが『恐竜大好きなんだ…♡』と言ってたから友達が気を利かせてくれたのか、まずは恐竜フロアへ!!(((o(*゚▽゚*)o)))

 

恐竜の骨格標本が沢山! お出迎えしてくれます。

 

  *一番好きな恐竜『パラサウロロフス』の仲間! カモハシ竜? という仲間らしい。

 

「パラサウロロフスだぁ~」と、まじまじ眺めていたら、学芸員さん的なおじさまが 恐竜の知識をいろいろ教えてくれました。

この骨格標本の恐竜は、カモハシ竜の仲間だけどパラサウロロフスではないらしい。

お名前聞いたし、骨の前に札もたってたんだけど失念。←

 

この恐竜は、歯が生涯何度も生え変わるんだそうです。

いいなあ。

人間も生え変わればいいのになぁ。

 

 

頭ゴツンゴツン! と戦うパキケファロサウルス。

 

 

おじさまによると、「最近は頭をぶつけて戦っていたのではなく、頭は『成人の証』だったじょではないか、という考えが出てきているんですよ。」とのこと。

ほんとう?

 

ティラノサウルスにふわふわの羽毛が生えてた説とか、最近の恐竜の話は わたしが子どもの頃知った恐竜の話と全然違うことも多くて面白いです。

 

  手がちっちゃくてかわいいです。(笑)

 

しっぽがかわいいアンキロサウルスくん。

これも、アンキロサウルスの仲間の別の恐竜らしい。

名前は(ry

 

 

科学のフロア

2F 科学技術で地球を探る

 

ここで一番興味深かったのは、地震の観測方法についての体験コーナー。

ゲームのように参加できます。

 

それぞれの参加者が椅子に座って観測地点を決めると 地震に見立てて椅子が揺れます。

揺れるまでの時間差から、震源地を推測します。

 

  それぞれの観測地点と時間が交わるところが震源地

 

深さも推測できる。

実際の映像だとすごくわかりやすくて、「こうやって観測するんだーー!」って勉強になりました。

 

 

ゲームみたいなので、子どもたちにすごく人気でした。

 

 

サーモグラフィで自分を見られるコーナーもあったよ。

 

  夫と並んでみた。夫の頭、おぼっちゃんみたいになってる。(笑)

 

 

近代化の成果

 

機械っぽいのが増えてきてわくわく!

全然意味わからないんだけど、こういうところも見るの好きです。

 

特にときめいたのは、国産車のオートモ号。

めっちゃかっこいい。

ロマン。

 

 

 

大きな飛行機も展示されてました。

それの設計図。

これ見て、よく飛行機作れるよなぁ…

 

  字が細かすぎて読めない。

 

 

他にもいろいろ うろうろしました。

 

1F 地球史ナビゲーターの動画。めちゃくちゃすごいです。

地球の歩み~生き物の歩み~人間たちの歩み が、壁全面使ってアニメーションになっているんです。

4拍子のリズムが妙に頭に残ります。

夢中で眺めました。国立科学博物館に行ったら、ぜひ全部眺めてほしい。

 

特別展『深海2017』

時間になったので、やっと特別展へ!

 

中、めっちゃ混んでました。

控えめな満員電車のようだったよ…。

 

水圧でつぶれたブタメンのカップが面白かったです。

他にも、水圧でつぶれた野球のバットなども。

深海だと、ものすごい圧力がかかっているんですって。

 

 

 

深海の生き物は、映像だったり 実際のもののホルマリン漬け(かな?)だったりが展示されていました。

漬けてあるのは、仕方がないことだけど色が抜けてたり形が崩れているものもあってちょっと残念。

 

映像のほうが個人的には楽しめました!

少し離れた場所からでも見えるのでそれもよかった。(なんせ大混雑で、展示の前は全然進めないんですよ…) 

 

 

出口には かわいいものが…

 

 

ねんどのイカさん!!

おねんどお姉さんという方の作品らしい。

 

 

 

出口手前の、有人潜水調査船「しんかい6500」の内部模型。

ロマンがあるー。

 

壁にはお札があるのが、「実際の深海の調査は危険が付きまとうものなんだな」と感じさせます。

 

 

『深海2017』がメインだったはずなんだけど、混みすぎてて(笑)、

個人的には一般展示(恐竜など)のほうが楽しかったです( *´艸`)

深海展入場時間までの限られた時間しか 一般展示回れなかったので、今度は時間に余裕をもって行って、ゆっくり見て回りたいなぁ~。

 

まとめ

もともと博物館好きですが、今回も楽しくいってきました!

 

特別展については、人気のある展示は混雑が予想されるので、期間の前半が比較的空いているようです!

 

わたしも次回は早めに行こうと思います~!

 

 

 

★この記事を気に入ってくださった方は、ブックマークツイートをしていただけると嬉しいです!ブログを更新する励みになっています。いつも読んで下さりありがとうございます。

読者さん・フォロワーさんを大募集中です!もしも気に行って頂ければ、ぜひよろしくお願いします!

☆読者登録→ 

☆ツイッター→ 塩くま(@vshiokuma

スポンサーリンク