読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩くまぶろぐ

無理せずゆるく楽しく暮らしたい。そんな人の雑記ブログです。

ブログ口調はですます?である?表現に悩んでるからイメージを考えてみた

ブログ・ネット

こんにちは!
塩くまです!

ブログでの口調に最近悩んでいるので、口調によるイメージと、自分だったらどんなイメージをもたれたいのか考えてみた。
まぁ結局は、自分らしくて、かつ読者を惹きつけるような表現で文が書けたら一番いいよねって話なのですが(´・ω・`)

 

 

どんな口調でブログを書いたらいいか悩んでる

f:id:vkuma:20160414113451j:plain

ブログを書き始めて30ほど記事ができました。

ここ最近ちょっと悩みがあります。
もしかしたら、同じことを悩む人がいる(…かもしれない?)ので、
わたしの頭の中だけで悩むんじゃなくて、ブログの中で文字におこして悩んでみます。

それは、【ブログの口調、どんなふうにするか?】ってこと。

ようは、
〜です・ます、
〜である・だ、
もしくは
〜だよ!〜だぜ!
なんてものあるかもしれない(笑)
こういう、語尾とか言いまわし方とか、言葉のイメージとか。


どんな人物像として書いていくか?
読んでくれる人たちに、どんな人だというイメージをもってもらいたいか?

それに少し悩んでる。
だから、ここ数記事の口調は全然一貫してなくて(笑)、
〜だよ系だったり 、〜です系だったり、しています。

 

自分が思う、各口調の特徴、メリット・デメリットとか

これまでわたしが読んで感じた、個人ブログの語尾や語り口によるイメージを書き出してみる。
わたし個人の主観であり、専門的なことは全然わかりませんごめんなさい。
そしてこの口調によるイメージが使っている全員に必ずしも当てはまるわけではないことと、どこか・誰かを批判否定する意図は全くありませんのでご理解ください。

 

です・ます調

◎ポジティブなイメージ

  • 丁寧で穏やか
  • 優しそう
  • きちんとしていそう
  • 先輩的な雰囲気
  • 後輩的なかわいらしさ
  • 何となく絡みやすい(優しそうな場合)

×ネガティブなイメージ

  • 固い
  • 取っ付きづらい
  • 単調というか抑揚が少なくなりやすい
  • 暗そう・つまらない奴そう
  • なんとなく絡みづらい(固そうな場合)

絡みやすさに矛盾があるけど、ですます口調って人によって親しみやすいイメージの人と、固そうなイメージの人がいると思うんですよね。
これは多分だけど、ブログに書いている内容がネガティブかポジティブかに左右される。
それから、ところどころに話し言葉っぽいのを挟むことでも雰囲気が柔らかくなる気がする。

 

である・だ調

◎ポジティブなイメージ

  • 説得力がある
  • 自信を感じられる(信頼できる情報な気がしてくる)
  • しっかりしたところの文章っぽいイメージ


×ネガティブなイメージ

  • 威圧感を感じる
  • 固い
  • なんとなく絡みづらい(気軽にコメントとかしにくい)

特に(男性とか)ビジネス関係をテーマにするとき。
しっかりとまとめた情報を読者に伝えたいとき。
そんなときに記事が支持されて拡散されたり検索上位になりやすい。気がする。イメージ。

 

だよ・だよね調 他

◎ポジティブなイメージ

  • 陽気で面白そう
  • 気さく
  • 気楽・ゆるい雰囲気で親しみやすい
  • ノリとテンポを武器にしやすい
  • 表情豊かなイメージ
  • ワカモノっぽい


×ネガティブなイメージ

  • 言葉・意見に重みがなくなる
  • 信用感は低め
  • 万人受けはしない
  • ワカモノっぽい。

そうすねー。
いいっすねー。
どもー塩くまでーす!
今日のおにぎり変色してたんだけど(´・ω・`)
まじでwwww
みたいなのも含む。

自分はセンスなくて難しいけど、個人的にはこういう口調の人結構好き
あと、語尾に草生やす人wwも結構好き。
多用しすぎなければ、表情豊かな表現になるんじゃないかと思っています。
良くも悪くも若者っぽい印象をもつ。

 

読者の人に感じてもらいたい 人物像

わたしは、

  • 優しくやわらかな雰囲気の、親しみのもてる人物な印象をもたれたい
  • 丁寧だけど固すぎない言い回し
  • 高飛車・エラそうとは思われたくない
  • うざい奴ともできれば思われたくない
  • 時々ちょっとおもしろいと思われたらいいな(希望)


こんな人物だと思われると幸せ。
自分で書くなよ、という感じではありますが。

 

今後どんなブログにしたいのか

ただの一般人の一人としての視点で物事を見て、感想を書いて、同じような感性や悩みをもつ人からの共感を得られるような記事を書く(雑記)ブログにしていきたいと思っている。

自分の悩んだことや工夫を記録することで、読んだ人が同じようなことに悩んだときに手助けになる(かもしれない)かなと思っています。

 

結局口調は何が良さそうか?

基本はですます+話し言葉風で書けば、丁寧だけれど親しみやすい感じになるのではないか。
(時々wとかふざけた部分があっても大丈夫かも)
義家族・職場の先輩(話しやすい人)とかに話すイメージで、丁寧だけれど堅苦しくない言葉遣いがいいんじゃないかなと思いました。


ていうかね、わたし普段そんな感じのしゃべりかたなんですよね。

(家族や親しい友人にはもうちょっとくだけるけど基本ツマラナイ奴だと思う)

 

~の仕方ガチで教えるZ!
こんなときは~しとけばいいんだよGREENだYO!

とか面白いこと言えません。

 

 

例からすでに面白くないしね!!!HAHAHA

 

あとなんか、なんとなく、くだけすぎるとちょっとうざい人になりそうだよね。
えらそうだし。
記事見るの嫌気分になるかもしれない。
(いや、センスのある面白い人なら面白いんです。個性的で憧れる。でも、凡人の自分がウケ狙っていってもただのうざい人になってしまうって話です)

日本語っていろいろな表現があって難しいね。
その人らしい、読む人を惹きつける表現」を確立できたら一番いいのでしょうね。

ではまた今度!