塩くまぶろぐ

塩くまぶろぐ

無理せずゆるく楽しく暮らしたい。そんな人の雑記ブログです。

「良質なブログ記事を30分で書き上げる(以下略」を自分にあてはめてみた

なんと、この記事で塩くまブログは30記事になります。
ブログを始めた当初一番の目標としていた「まずは30記事書く」を本日ついに達成したぞー!イエーイ!!パチパチ
飽き性で三日坊主以下のわたしにとっては驚きの出来事です!!

というわけで、思わず検索してみた!!
同じような喜びを叫ぶ人はいないだろうか。

 

 

「ブログ 30 記事」





1ページ目には、「30記事達成したぞーイエーイ」的な喜びの叫びは見つけられなかった。
けど!気になる記事発見!!

 

f:id:vkuma:20160413173856p:plain

 

「良質なブログ記事を30分で書き上げるために実践している10のコト」

 

なにこれー
短時間でどうやって書くのか気になるー クリックぽち

bazubu.com

ブログが大事だということは分かっていても、書き続けるだけのネタがない。ネタがあったとしても読者さんの役に立つものを書こうとすると3時間もかかってしまう・・・。


うわぁー…これあるあるすぎる。
わたしの場合今のところ、書きたいことはあるんだけど時間が足りない系かな。
仕事とか家のことしてるとなかなかまとまった時間がとれないんだよね。
会社員してて頻繁にブログ書いてる人たちって超人じゃないかと思ってる。

という訳で今回は、この記事に沿って、今自分がどんな感じで記事を書いているのか思い返してみる。
そして今後なるべく短時間で良い記事を書くために考えをまとめてみる。
※見出し等、文章は一部上記ブログの記事からお借りしています。

 

 f:id:vkuma:20160413180401j:plain

 

「良質なブログ記事を30分で書き上げるために実践している10のコト」より

 

アイデアのリストを作る

あーこれは一応作ってるー!
と、いうのも、わたし鳥頭なので良いこと思いついてもすぐ忘れちゃうんですね。
だから書いとかないと後悔することが多いんですね。
メモ帳(紙のも、スマホのも)に思いついた時にすぐアイディアを書くことにしています。

 

  • Evernote
  • Googleリーダー
  • 各種キュレーションサービス

このあたりは全然使ってなかった。名前は聞いたことあるけど、なんか難しそうで。
あっ、でも「良く分からない人がEverNote使ってみた。よくわからなかった。」みたいな記事がひとつ書けるな。(←需要無い)

何事もお勉強なので、一度まずはやってみるのもいいかもしれないね!
やってみたら意外と簡単かもしれないし!
あと、ポチポチメモ帳に打ったり書いたりするよりは早く沢山の情報を書いておくことができるだろうな。
それから、ネットでまとめておくようにすれば【常に新しい、面白そうなことにアンテナをはる】ってことをしやすそうな気がする。

 

良いアイデアが浮かんだ時はすぐに書く

1と被るけど。
これねー経験あるんですよねーーー
いいこと思いついてたはずなのになぁ。何だったっけなぁ。みたいの。
良い感じの言い回しとか、面白い表現とかも。

ウトウトしかけた瞬間に 奇跡のメロディーが降ってきて
なのに覚えてないんだ 昨日の夜の魔法を
あぁ なんてもったいない

  - あんまり覚えてないや(Mr.Children)

まさにこれよ。なんてもったいない。
思いついた端からどっかに書いとくべきですね。
ついでに勢いのまま一記事書けると早そうだなー

 

タイトルを先に決めておく

これもやってる!
頭に降ってきたキャッチコピー的なものを数記事分とりあえずメモっているんだけど、多くは変更せずにそのまま採用してしまうというずぼらを発揮。
たしかにタイトルが予め決まっていれば、そのネタについて書こう!と腹が決まればすぐに書き始めやすいね。
ただ、読んでもらえそうなタイトルについてはもっとお勉強して、戦略的にいけたら更に良さそう

今後頑張ろう。

 

書くべき内容を箇条書きでまとめておく

実際に記事の執筆に移るまえに、その記事で書くべき内容を、箇条書きで書き出そう。そうすることで、迷わずに書き上げられるようになるので、時間の短縮にもなるし、頭の中が整理される。


そうなんだよね。
勢いある時に自由に書いているのも楽しいんだけど、途中で「あれっ、自分結局何が言いたいんだ?」って混乱する時がある。
だめじゃん。
自分が自分の頭の中をきちんとわかっていてこその、人に伝わる記事が書けるってもんですよ。。

 

ブログ記事テンプレートを作っておく

これは考えたこともなかった。
確かに、ある程度記事の構成が決めてあるとそれに沿って書きやすいね!
毎回違うと、毎回話の流れを考えて書くことになるし。
今度から早速やってみよう!

 

リスト形式で書いて行く

リスト記事形式で書く利点は3つある。
・書き手にとって書きやすいので時間の短縮ができる
・読み手も読者が内容を理解しやすい
・リストを小見出しにすることで流し読みでも内容を把握できる

5(ブログの流れを予めだいたい決めておく)をしたら、そこに箇条書きで話を書いていく。
確かに自分の頭の中のアイディアのゴチャゴチャも整理されるだろうし、文章書くよりも箇条書きのほうが省エネ執筆できる。
読み手にとっても「で?結局どーゆーこと?何が言いたいの?」ってなりにくくなる。
すごくいいね。
次、そんな感じでやってみよー!(2回目)

 

時間を制限して書き上げる

従って、あらかじめスケジュールを立てて記事を書き上げる時間を確保しておこう。その際は、例えば、1時間だけ、30分だけというように執筆時間を制限しよう。その際は、iPhoneアプリなどを使って、タイマーを用意することが効果的だ。

25分間の「ポモドーロ法」って初めて聞いた!(なんかおいしそう。スパゲッティみたいで!)
これは良いね。制限時間とかあると燃える。
学生時代の試験(作文系)を思い出してガシガシ書けそう!!
とはいえガシガシ書いて質が伴ってくるかの保証ができないけど…!(←学生時代試験の出来良くない人)

ポモドーロ法は、ブログだけじゃなくて趣味のチェロの練習にも良さそうだなとか今思った。

 

手が進まない時は他の作業を優先する

頭が働かない時に無理に仕上げようとしても、クオリティの低いものしか出来ず時間のムダになってしまうということを理解しよう。

先日書いたわたしの記事に通じるものが…
そうだよね。無理しても時間対効果がね。低いんだよ。
無理なときは頑張らなくていいんだよーって肯定された気分。ほ。


 *先日書いた、疲れすぎて灰になってるときは何もしなくていいじゃんって記事

vkuma.hatenablog.jp

 

目標時間を決めて毎回タイムを計測する

ブログ記事を書き始めて最初の頃は、一つの記事を書き上げるのに予想以上に時間がかかってしまい、「これからも続けられるだろうか?」と不安になってしまうことだろう。
そこで、ブログ記事を書く時は、毎回目標時間を決めてタイムを計測して記録しよう。
そうすることで、ある一つのブログ記事を書く時に、何分かかるかが分かるようになるので、余裕を持ったタイムスケジュールを作ることができる。

そうなんだよねえ。これ1時間くらいあれば書けるかなーとか思ってても、実際2時間以上かかったりするんだよ。
これは家事の時短を検索していたら同じこと言ってる人がいた。
家事ひとつにかかる時間を計って知っていると、ちょっとしたスキマ時間に家事することができるし時短を目指して試行錯誤することもできるよって内容だったかな。ブログの時短にも通じるんだなー

 

目標を立ててエンジョイする

熱意を持ってブログを続けるための一番の方法は、数字で目標設定を持つことだ。例えば、3ヶ月以内に、10万PV、半年以内に30万PV、1年以内に100万PVなど、最終目標を先に立てて、その最終目標を達成するための小さな目標を設定していこう。

そのためにも、最終目標は大きく、目先の目標は小さく設定して、一つ一つクリアしていこう。そうすることで、ブログが成長していくごとに、あなた自身も成長していく。

これすごく大切なことだよね!!!
目標をひとつひとつ、階段をのぼってくようにクリアしていく。
以前は遠かった「夢」も、課題をひとつひとつクリアしていくことで「目標」になるんだ。ってだれかの言葉もあったはず。
あと、エンジョイする。っていいね。せっかくブログやってるんだから、アクセス数とか収益とかにこたわりすぎてしんどくなるんじゃなく、なるべく楽しんで書き続けていきたいなぁ。

 

最後に

全部読んでから気づいたけど、超有名な「バズ部」さんの記事だった!!
ひえー
さすが、検索上位に存在する。
そしてわかりやすく心にスッと入ってくる。文章も簡潔で読みやすい。
ものすごいアクセスが集まるブログはやはりすごいですね。


沢山面白い記事を読んで、今後も楽しんで(できたら書き続けて読者さんもアクセスも増やして(笑))ブログ続けていくよー!

 


…え?この記事を結局何分で書けたのか、って?

 

約 3 時 間 だ よ !

まだまだ、30分で書くまでの道のりは長そうであった。おわり。


今後とも塩くまぶろぐをどうぞよろしくお願い致します!

スポンサーリンク