塩くまぶろぐ

塩くまぶろぐ

無理せずゆるく楽しく暮らしたい。そんな人の雑記ブログです。

図書館使うなら必須!無料アプリ「図書館日和」が便利すぎる

こんにちは、一応読書が趣味の塩くまです!
「図書館日和」というアプリが便利すぎて図書館利用が激増したのでおすすめするために記事を書きます。
読書好きな方はぜひ使ってみてください。
図書館が今以上に身近に使えるようになります。
まさに「図書館は俺の本棚」状態です。

 

 「図書館日和」説明

「図書館日和」は図書館の蔵書検索・予約ができるアプリです。
全国5000館以上の図書館に対応しています。
使い方は簡単3ステップ。
1.「図書館」で普段利用する図書館を登録しましょう
2.「蔵書検索」で読みたい本を探し、「読みたいリスト」に登録しましょう
3.「読みたいリスト」で登録した本を管理しましょう

アプリ説明より

利用している図書館の登録をした後から本の検索が出来るようです!
(すでに登録した後で記事を書いていて、確認出来なくてごめんなさい)


興味のある本をこれから探すにもいい

 

f:id:vkuma:20160323140753j:plain

 

f:id:vkuma:20160323140804j:plain

書名や著者名からの検索はもちろん、
「人気の本」
「新刊」
「ツイートされた本」※ツイッターアカウントの設定が必要
などから今旬の本が探せる!

「今すぐ題名を指定して読みたい本はないけど、なんか面白そうな本ないかな~」ってときに良いですね。


行きつけの図書館に本があるかすぐ分かる

 

f:id:vkuma:20160323140812j:plain

本の詳細画面。
これが本当に便利です。
予め登録しておいた図書館に現在在庫があるのか、またそれは貸し出し中なのかすぐ借りられる状態なのか、貸し出し状況がわかります。
「貸出中」「貸出可」の本は、タップ後→「予約ページへ」で、簡単に各図書館の予約ページに行って予約ができます。

わたしは予約した本が用意できたらメールでお知らせしてもらっています。※このあたりは各図書館によっていろいろあるかも
スマホで読みたい本を探してそのまま予約→メールが来たら図書館に受け取りに行く という流れで本が借りられるようになってから、図書館利用が手軽になって利用が激増しました。

ちなみに各図書館の利用手続きは残念ながらアプリじゃできないですので、あらかじめ利用手続きを済ませておく必要があります。
あと、借りる時は図書館の利用カードが必要です(通常と同じです)。


利用する図書館は複数登録可能

たとえばわたしは2つの地域の図書館を利用登録しています。
自宅のある町と、勤務している町のふたつです。
これは各地域によって異なるかもしれませんが…、わたしの勤務地の地域の図書館は、「在住者および勤務者」が図書館を利用できる対象者のようです。
(興味があったら、住んでいるところの他に勤務しているところの図書館についても調べてみてください。)
もし複数の地域の図書館が利用できるなら、それも登録しておくといいです。
A地域の図書館には置いていない本が、B地域の図書館ではある!なんてこともよくあります。
ちなみに、○○出張所 的なものが各図書館にある場合。
それはどうやら大元(A図書館とか)を登録すると自動的に登録されるようです。


バーコードでも本の検索が出来る

いま手元に本がなくて、画像が載せられなくてごめんなさい。
本の裏側とかに付いてるバーコードからも、本の検索が出来ます。
手元に本がある時は一発で本の詳細画面に行ける(そして貸出状況等が確認できる)ので便利です!


返却忘れを防ぐサポート付き!

・返却の日時をカレンダーに登録することができる
・指定日時にアラームでお知らせしてくれる(簡単な設定が必要)

こんな親切機能付きなので、返却忘れそうな人も安心です。(わたしです)


Safariと連携可能

わたしはアナログに使っておりまして連携させておりません…が、
Safariと連携させて使うことが可能なようです。
アプリを開いた画面の左上のマーク(設定とかの)→「ブックマークレット」に手順が書いてあります。
Safariで本の紹介(アマゾンとかの)を見る際、ブックマークレットから本の詳細を簡単に調べられる(貸出状況も調べられる)らしい。
これでわたしのように、いちいちアプリを呼び出して本の題名で検索して…という手間から解放されますよ。
わたしもさっさと連携設定します。


まとめ

図書館に本があるか調べる→予約→借りる
がこのアプリのおかげでかなり快適になって、図書館を以前よりずっと使うようになりました。
無料で沢山の本が読める図書館、沢山活用しちゃいましょう☆
このアプリのおかげで、本代もだいぶ節約になっていると感じます。(読みたい本があるとまず検索するので)
本が在庫されていない時とか、予約人数がいっぱいで読めるのがかなり先になりそうなときは購入することもありますね。

おすすめなので、ぜひ活用してみてくさい!
よい図書館ライフを!

 

<今回紹介したアプリ>

f:id:vkuma:20160323141443j:plain「図書館日和」

販売元:Hiroto Kusuda

価格:無料(App Store)※2016年3月23日現在

 

スポンサーリンク