塩くまぶろぐ

塩くまぶろぐ

「ゆるく楽しくシンプルに暮らしたい」雑記ブログです。

「ゆるい生き方」意識している習慣11個【本/感想】

f:id:vkuma:20160322174206j:plain

こんにちは、塩くまです!
わたしは読書が好きなので、よく図書館に行っています。
図書館っていいですよ。沢山の本が無料で読めます!!
わたしは以前は図書館に行かないと読みたい本が探せなかったのですが今は図書館のアプリもあるので、図書館利用が激増しました。かなり便利なのでおすすめです。

先日「ゆるい生き方」を読んだので、
今日は本の特に響いたところ(今、生活で意識しているところ)について書きます。

 


06.人生を競走しない

今も気を抜くと人と比べて、気持ちがズーンと重くなる時があります。
あの人は人生楽しそう。
あの人は美人で明るくていいな。
あの人は旦那さんが高収入でゆとりがあるんだろうな。
あの人は料理が上手でいいな。
いいな、いいな…

でも、幸せって結局人と比較することじゃなくて自分が感じることなんですよね。
しかもかなり自己暗示に左右されると感じる。
引き寄せの法則というか、心の中で思ってることはわりと現実になりますよ。

だから 人生楽しいって感じるように小さなことから努力する。

雰囲気美人なら努力でいくらでもなれる(とわたしは思っています)し、
旦那さんもこれから高収入になるかもしれない!
なんならわたしが自分でたくさん稼ぐかもしれないし、
そもそも優しい旦那さんだから収入が低くても節約や努力でカバーしようと思える!
ズボラ料理もおいしいって言ってもらえるからあり!

一度だけの人生だから、人と比べた幸せじゃなくて、
自分が「幸せ」と思えるようにしていきたいですね!


08.言葉で自分を縛らない

具体的には「~しなければいけない」はNG。

「~しなきゃいけない」と言うと、なんだか腰が重くなります。(わたしだけじゃないよね?…)
ここは今日から、「~しよう」と言いましょう。

ご飯食べたあと→「食器洗わなくちゃ」じゃなくて「食器洗おう」
楽器の練習がめんどくさい日→「チェロ練習しなくちゃ」じゃなくて「チェロ練習しよう」
お風呂めんどくさい~→「お風呂入らなきゃ」じゃなくて「お風呂入ろう」
…なんだかこれだけで、前向きになれませんか?
わたしはなれます!(笑)
なので意識して「~しなきゃ」を言わないようにしています。


09.会社に縛られない準備をしておく

近年はかなり重要な事なんじゃないかと感じています。

わたしも夫も会社員だけど、働いてるといろいろ嫌なこともあります。
仕事の納期もあるし、嫌なお客もいる。パワハラ上司だっている。
あー仕事やめたーい って何度も言っています(笑)
でも、家族もいるし生活もある。そう簡単に辞めるわけにはいかない。
で、真面目な人ほど頑張りすぎて鬱になったりして。

会社の給料以外で収入のアテがあると、いざというとき体や気持ちが壊れる前に会社から逃げ出すこともできます。
気持ちにゆとりをもって、再就職先を探すこともできます。
それが保険になって、毎日のストレスもだいぶ軽くなります。


13.ムダを削ってシンプルに生きる

なるべくシンプルに、なるべく単純にしていくとなんでも楽になりますよね。
思考も楽になる。
体も楽になる。
たとえば、仕事ならなるべく残業しないようにするだけでも、毎日の体と気持ちのゆとりが全然違います。
たとえば、付き合いの飲み会を少し減らすと、お財布と時間と気持ちにゆとりができます。
シンプルに生きられると気持ちが軽く軽くなりそうです。


14.そういう人 と思ってもらう

本では「13をするためには そういう人と思ってもらうことが必要かも」というようなことが書かれていました。

たとえば残業しない!という行動も、行動し始めは「あいつ帰るの早いな~」とちょっと何かと思われたりもしますが、いつも早く帰ってると「あいつは残業あまりしない人」で不思議と定着するものです。
(わたしも実際そう評価されてる人を見てきています)

ゆるく楽しそうに生きて、「そういう人」と思ってもらいたいです。
ダメージなんか受けなそうなひょうひょうとした人物を目指してます。


16.アクシデントを笑い話にする

この前歩いていたら、上からなんか頭に落ちてきて、
一緒にいた夫に「頭になんかついたのとってほしい。虫かな?」って聞いたんですね。
そしたら鳥のフンちゃんだったんですよ!!!
頭だけじゃなくて服(肩)にもついてましたよ!!!
出掛ける前だったものでウワァーーーと思いましたが、
「ウン(運)がついたからきっと今日はいいことがある!HAHAHA」と無理やり楽しく変換しました。
不思議と少し楽しくなりました。

これ、以前に他の本でも同じ内容のことが書いてありました。

楽しいから笑顔になるのはもちろんだけど、人は笑顔でいると楽しくなるものです。

なお、服のウンは洗濯したらきれいになったのでその後も普通に来ています。


20.本当に足りないのか?を考える

お金でも洋服でもなんでも、
「本当に足りないのか?」
を考えると、意外と十分あったりもします。
足りない足りない!もっともっと!と焦る前に
少し落ち着いて考えると、もう自分にとって十分あって
心の安定も手に入るかもしれないですね。


40.エレベーターの「閉」を押さない
41.エスカレーターで歩かない

40と41は合せて意識するといいですよー!
急いでいると今でも、「閉」押しちゃったりエスカレーター歩いちゃったりするんですけどね(笑)

都会にいるとついつい、周りのセカセカした空気に自分まで心がざわつきます。
そこで意識的にゆったり動くようにすると、なんだか不思議と気持ちまでゆったりしてきます。
(仕事をちんたらやるとかはもちろんダメですよ!)
まずは遅刻しそうじゃない日や予定の詰まってない日からでも、エレベーターとエスカレーターはやってみてください!これおすすめです。


43.人ごみはさける

都会だと駅前とか人すごくないですか…
あと、休日の都会のおでかけスポットとか。
わたしは田舎なほう出身なので、初めて見たとき驚愕でした。
人が多過ぎて。。
あと、満員電車に駅員さんがお客さんをギュウギュウ押し込んでるのとかも。

たとえば同じ都会の同じ地域でも、お散歩するなら大通り沿いから一本入ると人がすごく少なくなって、ゆったり歩けますよ。
それだけでまわりのざわつきが少なくて 人とぶつかることもなくて すごく快適です!
同じ場所・同じ時間なのに、いい気分で過ごせます。


44.モノを減らして身軽になる

モノが少なくなると、管理も楽でズボラにももってこいです!
少ない手間で快適な環境が作りやすくなります。
ミニマリストほどではないけれど、わたしも物を減らす!ことは生活でかなり意識しています。
物が少なくなると、お金も不思議とゆとりがでてくるし、
なぜか太りにくくなる(痩せる)。掃除の神様が見てるんでしょうか。

物が少なくなると、頭の中の雑音も減ってきて暮らしにゆとりができます。


まとめ

「ゆるく生きる」のはわたしの最近のテーマです。
せかせかカリカリしないで、ゆとりをもって笑顔で楽しく暮らせるように
気の持ち方や習慣を変えていけたら…
きっと自分がしあわせと思える生き方ができるんじゃないかな、
と思っています!


塩くまでした!(^-^)/

スポンサーリンク