塩くまぶろぐ

塩くまぶろぐ

無理せずゆるく楽しく暮らしたい。そんな人の雑記ブログです。

夢じゃなく実現したい。365日の紙飛行機【AKB48】

f:id:vkuma:20160318171228j:plain

AKB48の「365日の紙飛行機」が最近すごく頭のなかに流れます。
1曲リピートばりにそればかり流れています。
頭の中がAKB48ステージの塩くまです。

 

今住んでいるところは夫婦とも実家がそれなりに距離があるのですが、
わたしの祖父母宅が近いんです。
二人は3時になるとお茶とおやつが日課だったみたいです。
祖父は手の不自由な祖母の代わりに、よく家の掃除をしていました。
その祖父が昨年末に亡くなり、少しでも祖母の助けになればと、週末土曜日は仕事がなければ祖母宅に少し遊びに行っています。

で、その祖母がよくNHKドラマを見てるんですけどね、
そこで「あさがきた」で主題歌として流れていて、
更に職場のラジオからも流れていて、
頭から離れません。

この歌、はじめは「学校の合唱曲みたいだな~」と思ってました。
AKBだったんですね。
歌詞が気になって調べてみたら、自分としてはすごく思う所のある歌詞でした。


前向きにマイペースに

朝の空を見上げて
今日という一日が
笑顔でいられるように
そっとお願いした
時には雨も降って
涙もあふれるけど
思い通りにならない日は
明日頑張ろう

今日も笑顔でいられるように。
上手くいかなくても自分を責めない。
明日頑張ろう。そんな日もあるよ。
元気づけられます。
「人生頑張るぞー!」って力入ってない感じが良い


人それぞれ。大切なのはどう生きてるか

風の中を力の限り
ただ進むだけ
その距離を競うより
どう飛んだかどこを飛んだのか
それが一番大切なんだ


どうしても自分と人とを比べてしまうこともある。
あの人の方がお金持ち。あの人の方が楽しそう。
でも大切なのは本当はそこじゃなくて
どう生きてるか
何が好きなのか。
どんなふうに考えているのか。
そこを大切にすると人と比べなくても幸せを感じられそう。

f:id:vkuma:20160318171750j:plain


楽しいことを続けてたらきっと結果でるよ

折り方を知らなくても
いつのまにか飛ばせるようになる
それが希望推進力だ
ああ楽しくやろう
365日

はじめは全然意味が分からなくても、
やってるうちにわかってくる。

これ、これまでの人生でかなり自覚があります。

たとえば、趣味でチェロやってるんですが
始めは音がまずとれなくて笑、何がなんやら。
もうやりたくない!!小さいころからやってないとこんなもんできん!!
って思ったことも数えきれないし、何度も弾くのがめんどくさくなった。
…まあ、今でも思ったりしますけどね!
今も全然うまくはなくて、趣味です~なんて言えるレベルじゃないんだけど、
いつの間にか音はなんとなくとれるようになったし、曲もなんとなく弾いてる


たとえば、夫が買ってくれたからやってみたモンスターハンターXも(笑)
はじめは何がなんだか意味がわからなくて、
楽しくない!つまらん!やめる!
とか思っていたけど、攻略サイトなんか見ながら超プロハンターだと思ってイメージを膨らませてるとなんかちょっと興味が出てきて。
夫や友達にくっついて狩り(ゲーム)していると、それなりに覚えてきます。
覚えてくると、楽しい。
でも、できるようになるのは何でも いつの間にか なんだよね。

続けると一言で言っても、
楽しく続けられてるとさらに上達も早いよね。
なんでも楽しく出来ると最強だと思う。


一番グサリときたフレーズ

ずっと見てる夢は
私がもう一人いて
やりたいこと好きなように自由にできる夢

そんなの夢じゃなくて、現実でそう生きたい!
やりたいこと好きなように自由にできる生き方
興味持ったことはなんでもチャレンジしてみる生き方
そんな生き方がしたいです。

今は結婚してるけど、「結婚してるから」「女だから」ってやりたいことに言い訳してチャレンジしないのはいや!
楽しそう!と思ったらなんでも挑戦してみる、そんな気持ちを大事にしたいです。
夫も興味があることは一緒にできたらいいなー

とりあえず近い内に、学生さん風貧乏旅行的な(←尊敬してます)旅行に夫と行きます!

本当は、学生時代にいろいろやっておけばよかったんですけどね。
学生時代はなんとなく過ぎて、社会人になったら職を点々として、
今、自分には何が残ってる?
何が自分の強み?
自分はこれまで、何を経験した?
ちょっと言葉に詰まります。
とりあえず、人様に尊敬される生き方はしてない(笑)

 

今日が人生の中で一番若い日

って名言をどこかで見ました。
人生はあっという間。
時間は有限。
やらない後悔より、やって後悔できるくらいのほうがきっと人生面白いはず!
そんなことを、「365日の紙飛行機」を聴いて思いました。

スポンサーリンク