塩くまぶろぐ

塩くまぶろぐ

「ゆるく楽しくシンプルに暮らしたい」雑記ブログです。

【ずぼら自炊】手間の少ない!楽で美味しいおかず【お肉編】

f:id:vkuma:20160314144916j:plain

こんにちは!塩くま(@vshiokuma)です!

結婚するまで料理の経験のないわたしが結婚し料理を始め、1年半ほどが経ちました。

味が濃い薄いは正直今でも日常茶飯事ですが(笑)、それでもそれなりに早くおいしく(自分比)作れるようになってきました。
でもすごくめんどくさがりなわたし。仕事もあるし、時間の余裕もそんなにない。
そんなわたしが色々なおかずを作ってきて特に気に入っている、「手間が少なく調理が楽で・材料費も安くて・それなりにちゃんと料理しているように見えるおかず」を厳選してご紹介します。
ちなみにわたしはこれらは夕ご飯に出してるというよりはお弁当用作り置きおかずで作っています。(もちろん夕飯とかでもいいと思いますよ◎)

長くなりそうなので、お肉編/お魚編/野菜編に分けたいと思います。
今回はお肉編です。

 

参考リンクのレシピよりさらに手を抜いて作っていたりしますので、わたしの分量と手順も載せておきますね。

あと、素材が鶏肉ばかりになってしまいました。すみません。安くて美味しくて大好きです。(言い訳)

鶏肉ペッパーオーブン焼き

(材料)
☆鶏もも肉 1枚(300gくらい)
★酒 大匙2
★醤油 大匙2
★砂糖 大匙1
★にんにくチューブ 2センチ
★しょうがチューブ 2センチ
★こしょう 適当にたっぷり

↑上記★全部をビニール袋に入れて揉んで混ぜ、その中に☆鶏肉を入れて揉んでなじませて、一晩冷蔵庫に放置。
翌日クッキングシートを敷いた天板に適当に広げて250度のオーブンで20分焼いて完成。
(予熱はめんどうなのでだいたいしていません。足りなかったら追加で5分)
買い物行ったはいいけど調理のやる気がなくなった…って時によく作ります。
お肉だけ切って一晩放置で翌日はオーブン任せで出来上がりです!オーブン素晴らしい。
こしょうが効いていておいしいです。これは胸肉だとパサパサになりがちなので、もも肉がおすすめです。

お肉は本家レシピでは手羽元になっていましたが、骨があるとサイズが大きくなってお弁当箱に入れにくい&可食部あたりで考えるともも肉のほうが安いので、わたしはもも肉を使っています。
お肉の皮・脂肪は取り除いています。(その方がすっきりして好きなので…この辺は好みの問題ですが)
包丁がめんどくさい時はキッチンバサミで切ります。お肉何種類か調理する時は包丁の方が早いかもしれません。

参考:

cookien.com


鶏肉カレーマヨ炒め

(材料)
☆鶏胸肉 1枚(300gくらい)
★マヨネーズ 大匙3
★中濃ソース 大匙1
★カレー粉 小匙1~2 ※わたしはフレークタイプを使っています。粉でもどちらでも
★にんにくチューブ 2センチ

お肉は胸肉でも不思議とパサパサしにくいです。
皮と脂肪を取り除いて(←これは好みの問題ですが)、厚みは1~2センチくらいで適当な大きさに切って、フライパンでお肉を焼きます。フライパンはわたしのはくっつきにくい加工(テフロン?)なので、油はしいていません。
弱火~中火で、片面7割くらい火が通ったらひっくり返すイメージで焼いています。
お肉に火が通ったら、お肉を端に寄せて、フライパンにくっついてる肉汁とかの汚れを適当にキッチンペーパーで拭きます。
お肉のない端に、上記★全て入れて菜箸か何かでぐるぐる混ぜます。混ざったらお肉に味を絡めると完成。

フライパンの中で大体料理が完結するので簡単です。いつも胸肉ですがお肉がふしぎとパサパサしないのもいいです。夫がよくリクエストしてくれます。

 参考:

cookien.com


チキンソテー

(材料)
☆鶏胸肉 1枚(300gくらい)
★塩 少々
★こしょう 少々
★マヨネーズ 小匙2
★麺つゆ 小匙2
★酒 大匙1
★にんにくチューブ 2センチ
★小麦粉 大匙2

ビニール袋に上記★全て入れて揉んで混ぜ、胸肉(毎度ながらわたしは皮と脂肪を取り除いて)を1センチくらいの厚みに切って入れます。揉んでなじませ、冷蔵庫に一晩放置。翌日油を敷いたフライパンで焼いて完成。

これも胸肉だけどパサパサしにくくておいしいです。
漬ける時間は本家レシピだと「10分以上」となっていますが、わたしが料理めんどくさい時というのは「その日に作る気にならない」時が多いので、とりあえず袋に入れて味を付けるまではその日に頑張って、焼くのは翌日にしています。

 参考:

cookpad.com


鶏の南蛮漬け

☆鶏もも肉 1枚(300gくらい)
☆片栗粉 大匙1~2くらい 
★砂糖 大匙1
★醤油 大匙1
★酢 大匙1

※胸肉でもよく作っています。胸肉はちょっとパサパサになります。
★は全部合わせておきます(比率は砂糖1:醤油1:酢1です)。わたしは完成後冷蔵庫に入れるので、容器はタッパーです。
鶏肉は(わたしは皮と脂肪を取っている)厚み1センチくらいで適当な大きさに切って、片栗粉を付けて多めの油で揚げ焼きにします。
火が通ったら先ほど作った★の中にポイポイとお肉を入れます。(油は拭かなくていいけれど、フライパンの縁にチョンチョンして気持ち油を落としています。)
お肉に★をなじませて完成。

夫は酢の酸味が苦手で、普通の酢だとちょっと微妙な顔していました…。
なので今は、ミツカンの「やさしいお酢」というお酢を使っています。これだと酸味がほんとにやさしい。お酢が苦手な夫もこれでつくると大丈夫みたいです。
わたしはお酢苦手じゃないですが、このお酢だとまろやかな感じの南蛮漬けになって好みです。調味料の中にお肉をポイポイ入れていくだけなのも簡単でいいです。
お肉だけでなく、鯖や野菜で南蛮漬けにしても美味しいです。

参考:

はじめに覚える。基本のなす南蛮 | レシピサイト『つくおき』

 

鶏肉トマトソース煮

☆鶏もも肉 1枚(300gくらい)
☆にんにくチューブ 2センチ
★トマト缶 1つ
★酒 1/5~1/4缶くらい(トマト缶の中身を出したあと、缶に酒を入れて缶についたトマトを入れるかんじ)
★顆粒コンソメ 小匙1
★塩 小匙1/2くらい。少なめで様子を見て、足りなかったら足す

鶏肉は適当に切って小鍋で弱火~中火で焼きます。皮がある場合は皮面から。皮がない場合は少しだけ油を足します。火が通ってきたら、鍋についている油ににんにくを足して香りを出します。
次に★を鍋に全部入れます。ホールトマト缶の場合はトマトの大きな塊は少しつぶします。あとは鍋底に焦げ付かないように時々混ぜながら、水気が少なくなるまで煮込みます(40分~50分くらいでしょうか)

これも簡単でおいしい。しかも、最後にパセリ粉でも振ればちょっとオシャレです。
煮込みなのでそんなに頻繁に面倒見なくても大丈夫ですが、時々混ぜるのはちょっとめんどくさいといえばめんどくさいですね。
本家レシピだと、塩小さじ1なのですがなぜかわたしが良く買う塩(よくあるあら塩)だとかなりしょっぱくなってしまうので控えめに入れて様子をみるかんじで作っています。

 参考:

cookien.com

 

 

↓関連記事 よければこちらもどうぞ

 

vkuma.hatenablog.jp

 

vkuma.hatenablog.jp

 

 

 

★この記事を気に入ってくださった方は、ブックマークツイートをしていただけると嬉しいです!ブログを更新する励みになっています。いつも読んで下さりありがとうございます。?

★ブログ・ツイッター初心者の塩くまは読者さん・フォロワーさんを大募集中です!もしも気に行って頂ければ、ぜひよろしくお願いします!

☆読者登録→ 

☆ツイッター→ 塩くま(@vshiokuma

スポンサーリンク